千葉市・市原市の墓石やさん<市原市営海保墓園門前 岩沼産業>墓石を建てる、お墓のリフォーム、お墓の引越し、墓地移転、墓地補償コンサル、記念碑

市原市海保墓園の開園当初から門前にある石屋です。 墓石を建てることで、多くのお客様の思いを形にするお手伝いをさせて頂いてきた経験から、千葉・市原で墓石を建てたい方のお役に立つお墓や霊園の話などをご案内いたします。 お墓のお引越し(墓地移転・公共工事含む)や記念碑制作なども施工実績多数ございます。公共工事レベルの技術でひとつひとつの個人墓地を作って参りました。 千葉市平和公園墓地/市原市 市営海保墓園/木更津市//袖ヶ浦市/松戸市 他、市営霊園や寺院境内墓地、共同墓地、永代供養墓などご相談ください。

2016年04月

海保墓園 市原市でお墓を建てる<入学、卒業の報告はしましたか?>

市原市お墓を建てる
墓石 お墓の新築
市原市営霊園海保墓園
お墓リフォーム
雑草対策、バリアフリー、
 石張り)

この春にご卒業、ご入学の皆様
お墓のご先祖様にご報告に
行かれましたか?

お墓の前に立って
卒業や入学の報告をし
今の心境や目標をお話しして、
今の自分を見ていただきましょう

今や
家族でもあらたまった時間を
持つことはとても難しく
なっています。

お墓の前に立つと
だれもが素直な心持ちに
なりますね。

だから、お墓参りです!

優しい気持ちで
いまこのときを共に生きる
家族ととても良い時間が
過ごせるのではないで
しょうか?

そんな家族の良い時間を
作るために、お墓の中の
ご先祖様やお亡くなりの
大切な人がきっと応援して
下さるはずです。

また、報告してくれた
子孫の素晴らしい毎日を
守ってくれ、悩みは解決
できるよう力を貸して
くれるでしょう。

ぜひ、今度晴れたら
新緑を見に、霊園を訪ねて
くださいね。

市原市海保795−2
市原市営海保墓園 門前

岩沼産業株式会社
0436−36−4060


市原市でお墓を建てる
お墓のリフォーム
お墓の引越し
ご家族の事情に合わせて
お墓を維持していくために
ご相談に乗っております。

どうぞご連絡ください。





 

市原市海保墓園(市原市営霊園)にお墓を建てる

市原市海保
市原市市営霊園 海保墓園 門前
墓石建てる 
伝統墓石から デザイン墓石 まで

岩沼産業株式会社

山桜が咲いてきました。
もう少しで市原市海保墓園
も満開になります。

お元気ですか?


さて、現在、市原市市営霊園
海保墓園墓地をお持ちの方に
ご質問です。

お墓建てる準備はできましたか?


墓地を用意されるまでは、
いろいろ書類や
手続き、ご親族の調整など
大変だったとおもいます。

そこでゆっくりしていると・・


「ここまでくるのに大変
 だった〜。
 なんかホッとしてしまって
 久しぶりに墓地区画を見に
 来たら周りに墓石が既に
 立っててびっくりしちゃって!」

と言われる方は実は多いです。

お墓は大抵ご注文を承ってから
1ヶ月半から2ヶ月をいただいて
建て上げます。

たまに墓地に行って

「まだ周りは立ってないし、
 建墓を急ぐこともなさそう!」
 と余裕で帰ってきたら、
 実は周りの区画では、すでに
 注文していて出来上がりまで
 の2ヶ月を過ごしているかも
 しれないのです。

市原市墓石お墓)を建てる
ご相談は、岩沼産業までどうぞ
電話 0436−36−4060


もし、夏のお盆シーズンに
向けてお墓の建て上げを
お考えであればもう
そろそろ動き出しましょう。

外に建てるものですから
お天気にも左右されるのが
建て上げスケジュール。

梅雨の時期なども考慮に入れる
必要が有ります。

早く動き出せば、墓石の色や
形などいろいろなご相談、
調整が余裕を持って行えます。

最近建て上げた方は、
粘土でデザインアイデアを
お持ちになってそれをもと
にした墓石を建てられました。

お墓は一度しか作れない
家族の記念碑です。

ずっと拝む対象になる
故人様のお家です。

それを作り上げる過程も
ご供養と言います。
ぜひ、家族の記念碑
作り上げる体験をお手伝い
させていただきたいと
思います。

「こんどお墓を作りたいんだけど」
この一言で結構です。

そのあとはお任せください。
時間をかけてお客様が喜んでくださる
お墓をひと家族ひと家族にあった
ステップを踏みながら形にしていく
お手伝いをしてまいります。

ご遠慮なくお電話ください。


市原市 墓石
墓地 霊園 
岩沼産業株式会社
0436−36−4060
honsha@iwanuma.com
http://iwanuma.com






Recent Comments
Profile
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ