最近は、お子さんの数が少ないので、
女性(女の子)がお墓を継ぐということも
普通になってきました。

じつは、
お墓は継いだ墓地使用者が承知すれば、
ほとんどは姓が違っても親族であれば
埋葬することができるのです。
ご存知でしたか?

なので、今までの慣習にこだわらないと
すれば、お墓を近しい御親族様のお墓
として維持していくことができます。

霊園によって管理上の違いがあることが
 ありますので詳しい事例については、
 それぞれの霊園管理にお尋ねください。)

しかし、次のようなことがあると、問題はもう少し
複雑になってきます。

  「嫁ぎ先が遠くである」

  「嫁ぎ先のお墓もたくさん管理していて、
   管理費だけでも年間かなりかかる」

  「あまりお参りに行けない実家のお墓
   雑草がひどくいつも気がかり」

上記の雑草に関しては、墓地内に石張りを
施すなどのリフォームで問題はなくなりので、
どうぞご相談ください。

しかし、お墓を閉じるという選択にもお金が
かかります。

石を解体処分して、更地にしてお返ししなければ
ならないからです。

また、すでに墓所内にお眠りのご遺骨の行先も
探すことが必要になります。

いろいろ考えることがあり、いろいろな選択が
あります。

岩沼産業では、そうした全てのことを整理しながら
ご相談に乗っております。

市原市お墓じまいでしたら、
どうぞ御一報くださいませ。

今まで1万基以上のお墓に関わってきた
弊社の知恵からアドバイスいたします。

悩んでいる方も多いと思いますが、
きっと肩の荷が降りるような
明るい光が見える道が見つけられると
思います。

岩沼産業株式会社
市原営業所 市原市海保795−2
         (市原市営霊園 海保墓園 前)
お電話 0436−36−4060


本社 千葉市中央区都町1−19−15

お電話 043−232−5551

メール honsha@iwanuma.com