墓じまいという言葉が

市民権を得つつありますね。


お盆の期間中も、

散骨」や「墓じまい」などの

テレビ特集がずいぶん見られました。


たくさんの皆様が

一年中 霊園お墓参りをして
いらっしゃるのを拝見していますと、

お墓を建てて持ち続けることを

願っている方々の方が実はまだまだ
多いのだと感じます。


お墓は、亡き人の霊を慰め
現代に生きる方たちとの絆を
深める場です。

お墓を持っているということを
心の支えにされている方も多いと実感します。

でも、そんな中でも、
お墓を大切に思う方ほど「墓じまい」を
考えているという方もいらっしゃいるのです。

これは、どういうことかというと・・・

お墓を大事にしているからこそ、

「もし、自分がいなくなったら
    このお墓はどうなってしまうのか?」

という疑問を実感し、
「自分でどうにかしなくては!」と
思っているということなのです。

特に、ご自分しかお墓の管理者がいない場合や
お子様方が遠くに住んでいてお墓の管理ができない場合
そして娘さんしかいなくて、他家のお墓を持っている場合
実家のお墓まで管理させるのはどうか?と悩んでいる場合など
です。

私ども 岩沼産業は、多くの土地区画整理事業
墓地移転を手がけてきました。

まだ多くの石材店がお墓の移転墓じまいを手がける
前から行ってきましたので、お家ごとにちがう
ご事情や、お寺様のご事情などから一番良い
姿へのご提案と手続きをしてまいりました。

いろいろなご相談にもお答えできると思いますので
どうぞご連絡ください。

千葉県内 市原市 千葉市 松戸市 木更津市
袖ケ浦市 柏市などで、墓じまい 墓地引越し
(墓地移転)の実績が多くございます。

多くの行政機関からのご相談もいただき、
施工してまいりましたので、技術的にもご安心
いただけます。

また、一度に100件以上の墓地移転など
大規模墓地移転 などを多数手がけた経験から、
お墓をお持ちの現代に生きる施主様と同じように、
お墓の中にはるか昔からお眠りのご先祖様方にも
(江戸時代からのお墓じまい移転も多数
 手がけさせていただきました)

失礼がないよう、納得して喜んでいただける
誠実な仕事をさせていただこうと常々考える
ようになりました。


子孫の方々が熟慮の末に行う墓じまいは、
その熟慮を形にする施工をしてこそのものだと
思います。

お墓は一度無くしてしまうと、もう一度一から
作るのは大変な労力とお金がかかります。

・なぜお墓を無くしたいのか?
・本当に無くして良いのか?
・他に継ぐ人はいないのか?
・迷惑をかけたくないと思っている娘たちは
 ほんとうにお墓をついで守っていくことを
 迷惑と思っているのか?
 (今は、継ぐ人が姓の変わった娘でも
  使用者としてお墓を継いでいくことはできるので)

墓じまいをしたことを後で後悔しないよう
熟慮してみましょう。

そして、熟慮の末に「墓じまい」することが
良いことだ! と結論が出たら、ぜひお早めに
ご連絡ください。

墓じまいには手続きがあり、それに時間が
かかることもあるからです。

千葉市、市原市、松戸市、木更津市、袖ヶ浦市ほか
お墓のことならどうぞご相談ください。

岩沼産業株式会社
千葉市中央区都町1−19−15
電話 043−232−5551


工事、営業部
市原営業所
電話 0436−36−4060

honsha@iwanuma.com
http://iwanuma.com