千葉市・市原市の墓石やさん<市原市営海保墓園門前 岩沼産業>墓石を建てる、お墓のリフォーム、お墓の引越し、墓地移転、墓地補償コンサル、記念碑

市原市海保墓園の開園当初から門前にある石屋です。 墓石を建てることで、多くのお客様の思いを形にするお手伝いをさせて頂いてきた経験から、千葉・市原で墓石を建てたい方のお役に立つお墓や霊園の話などをご案内いたします。 お墓のお引越し(墓地移転・公共工事含む)や記念碑制作なども施工実績多数ございます。公共工事レベルの技術でひとつひとつの個人墓地を作って参りました。 千葉市平和公園墓地/市原市 市営海保墓園/木更津市//袖ヶ浦市/松戸市 他、市営霊園や寺院境内墓地、共同墓地、永代供養墓などご相談ください。

2011年07月

市原市 市営霊園 海保墓園 能満墓園 抽選予定<岩沼産業>

海保事務所 ブログ用市原市 海保墓園海保霊園)〜岩沼産業お墓 墓石 墓地 ご納骨

海保墓園
の正門横で40有余年。
1万以上のご家族にお墓を作ってきました。

お客様のご要望をじっくりお聞きして、オーダーメードの墓石をお作りしています。

平成23年度の市原市 市営霊園のお申込みいただけましたか?

書類の内容審査後、抽選がございます。

墓地使用者の抽選の日程は、
平成23年8月24日(水)の午前10時からです。
ichihari
抽選結果は、当落に関わらずすべての応募者に文書で通知します。
当選番号は、市原市のホームページにも掲載されます。

当選者は、このあと送られてくる墓園施設使用許可申請書ほかの書類を提出、使用料の納付をすると、晴れて使用者となり、墓地区画を使うことが出来ることになります。


そうなったら、次は、どんな お墓を作るかという話題に移ってきます。

「こんなお墓が作りたい…」

その家、その家で家風が違うように、納得のいく墓石墓地もちょっとずつ違います。

お墓は一度作ると、一生もの…
いや、何代にもわたる家の象徴になる大事なものです。

そして、
中に眠る大切な人と生きる人々をつなぐ大切な場所。

「こころ」を大事にして、「かたち」をつくる。

そんなお手伝いがしたいと思っています。

どうぞ、ご相談くださいませ。
お待ちしております。

市原市海保795−2
海保墓園正門となり)

岩沼産業株式会社
0436−36−4060
honsha@iwanuma.com
http://iwanuma.com

(メールアドレスをいただければ、お墓の現況をお知らせするサービスを展開中。

「どのくらい草が生えているかを事前にチェックして、お墓参りの持ち物をチェック!」他、めったにいけないお墓の現況を知ることが出来るサービスです。

海保墓園の門前石材店だからできるこのサービス。

こんなサービスを行っている 
岩沼産業株式会社です。

弊社で新規建墓の折には、どうぞお使い下さい。


メールサービスについては、7月25日のブログをお読みの上、honsha@iwanuma.comお問合せ下さい。)












市原市市営墓地 海保墓園募集<岩沼産業> 市原市で墓地、墓石を建立!

海保事務所 ブログ用岩沼産業株式会社 市原市海保墓園(海保霊園) 正門となり
只今、市原市 市営墓地  海保墓園(海保霊園) 能満墓園(能満霊園)の墓地使用者を募集中です! 

平成23年度は、今週7月29日の金曜日までが受け付けです

お骨
をお持ちの方は、応募できます。

普通墓地(外柵のある墓地)も芝生墓地(外柵がなく、芝生に石を置く形)も3平米で,使用料は、537,000です。

このほか、20平米、12平米、8平米など、めったに出ることのない大型墓地の返還区画の募集もあります。

大きい区画をお探しの方は、この機会に応募してみると良いと思いでしょう。

<応募資格>

・応募時に1年以上引き続いて市原市に住民登録をしている世帯主であること
・埋蔵する焼骨をお持ちで、それをお祀りする立場であること
市原市市営墓園施設を使用していないこと(納骨堂にある方はOK)
お墓の使用権を取得してから2年以内に墓石を建てて使用する人

以上です。

詳しくは、
市原市のホームページをごらんください。

各種書類なども記載されています。

提出書類が必要かどうか迷われたときは、保健福祉課でご相談下さい。

0436−22−1111(代表)


岩沼産業は、、海保墓園正門となりにある会社です。

区画の下見の時にでもお寄り下さい。


「こんな お墓を作りたいんだけど…」

仏事、石のこと、お墓のこと、なんでもご相談いただけます。


市原で40年以上ご縁を頂いてまいりました。

お墓墓石を建てるところから、ご納骨戒名彫刻など末永いお付き合いをさせて頂きます。


しかし最近、を建てるだけで納骨をしない業者が出てきているようで、少し危惧しております。

インターネットのみでやり取りをするところなどにも注意が必要です。

必ず、建墓以降も納骨戒名彫り など今後ずっと任せられるのかを確認しましょう。


ある方は、墓石を建てた会社に納骨を頼んだところ、

「ウチで納骨するのは、墓石を建てたときだけ。その後の納骨はウチじゃできない。どこかに頼んで下さい!」とそっけなく言われたと聞きます。

人が亡くなるときは、突然です。

墓石を建てた石屋さんに頼めばいいんだ」と頼りにしていたご遺族は、大変困っていらっしゃいました。


ご納骨は、大切な行事です。 

重い石を動かすので、石の取り扱いに慣れた石屋石材店でないと怪我をする恐れがあります。

そして、骨壷の重さを「その方の人生の重さ」と感じて、心をこめて行うべき石屋の仕事です。

それを行わないのは、お墓を「商品」としてだけ扱っているからでしょう。

墓石を扱う石屋・石材店は、「商品」プラス「何か」…この「何か」を大切にしなければならないと思っています。

亡くなった方の人生ご遺族の思い癒し死生観宗教観


お墓ができて、ホッとしました」

悲しみを乗り越えて、重荷をおろされた施主様が見せてくださる笑顔が私たちに充実感を与えてくださいます。

お役に立てて、良かったです。

感謝です。

岩沼産業株式会社

市原営業所 市原市海保795−2(海保墓園正門となり)
0436−36−4060

本社 千葉市中央区都町1−19−15
043−232−5551
honsha@iwanuma.com












市原海保墓園(海保霊園)にお墓をお持ちの方へ!<岩沼産業>無料でお墓の現況写真をお送りするサービスを始めました!<試験サービス>

海保事務所 ブログ用墓石 墓地 納骨 戒名彫刻 墓地移転 墓地改修(リフォーム) 他
市原市 海保霊園 、 千葉市 平和公園墓地 各寺院墓地取り扱い

岩沼産業株式会社
*ご利用下さい!  お宅の お墓の状況をメールで報告。 海保墓園の門前石材店ならではのサービスをはじめてみました。 詳しくは、下の文をお読み下さいね。

☆☆ 新しいサービスのご案内 ☆☆

昨日のブログでも書いたのですが、今年の お彼岸は、大震災後で皆さん外出もままならず、しかもガソリン不足で大変でした。

「あーー。 あんなに揺れたけど、うちの お墓はどうなってんだろ。」

「見に行きたいけど。遠いし。」

ご先祖様、ごめんなさい。お盆には行くからね!」

こんな風にご自分に言い聞かせ、ご先祖様に心の中で謝っていた方もいたのでは?


または…

「今年は既にすごい暑さだったけど、うちの お墓どうなってんだろ」

「草に埋もれてる?」

そこで、岩沼産業では、試験的にですが、この お盆に向けての新しい試みとして、市原市営 海保墓園(海保霊園)にお持ちのお宅のお墓の現状を「無料でお知らせするサービス」を行いたいと思います。

お墓の様子をご覧になってみたい方は、弊社までメールを下さい。

お墓のお写真をお送りしますよ!

ご遠慮なくご相談下さい。


<サービスお申込みメールにお書き頂きたい事>

件名は、「お墓のお知らせメール 希望」と お書き下さい。

1.海保霊園の中の お墓の場所。

  区画番号(○区の▲▲号)を必ずお書き下さい。
  これは、墓地使用許可書に書いてあります。

  (岩沼産業 市原営業所は、昭和43年から市原市海保墓園(海保霊園)正門隣にあります。 このサービスは、海保霊園に お墓をお持ちの方のみがご利用できるサービスです。)

  (同姓の お墓が多いので、区画番号が分からない場合はお受けできませんので、ご了承下さい。)


2.OO家 (墓石に書いてあるお名前)

3.メールを下さった方のお名前(姓名)、ご住所、お電話番号

  (こちらからお電話することはございませんが、個人様の お墓のお知らせですので、使用者様の確認のためにお教え頂きます。 この個人情報につきましては、弊社から お墓についてのご連絡、情報提供のみに使用させて頂きますので、ご安心下さい。)

ご興味のある方は、メールにてご連絡くださいませ。
(お電話では、現在のところお受けしておりません。条件の変更などは、随時このブログでお知らせいたします。)

市原市内の方でも、なかなか海保霊園まではちょくちょくいらっしゃれない方、気になっていたら、どうぞご利用下さい。


岩沼産業株式会社
HPは、こちら
市原営業所 
市原市海保795−2 (海保墓園 正門となり)
0436−36−4060

<当サービス担当窓口は、こちら>
e-mail  honsha@iwanuma.com
honsha@iwanuma.com
本社
千葉市中央区都町1−19−15
043−232−5551
Recent Comments
Profile
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ